宇和海熟成酒プロジェクト

宇和海熟成酒プロジェクト

陸上の約10倍のスピードで熟成が進むという説を基に島の夢とロマンを賭けて動き出したプロジェクト!

「大航海時代に港から港へ運ばれたお酒がまろやかに」
「沈没船から引き上げられたシャンパンが美味しくなった」

海底は温度変化が少ないうえに、波の波動で瓶がゆったりと揺れ、アルコールと水の分子がうまく合わさる。そうして約半年寝かせることで、角が取れ、深くまろやかな味わいになる。

2014年11月より試験的に改定に設置
2015年6月に引き上げ予定

水深20mで2気圧。
水圧対策を施し、封蝋で保護。