宇和海に浮かぶ3つの島のLove Story

戸島 日程:2015/07/25(土)〜26(日)

戸島は四国南西部、宇和海の西方約20㎞の宇和海に位置し、「戸島・嘉島・遠戸島」の3つの島からなる人口約460人の小さな島です。
海底よりわき上がる豊富な栄養塩と絶え間なく変化する潮の流れに恵まれて、身の締まったブリやマグロ、鯛などの養殖が盛んな、海の幸豊かな島です。

日振島 日程:2015/08/01(土)〜02(日)

日振島は、宇和島市から西方約28km、愛媛県と大分県との間の宇和海にある細長く伸びた島。かつて平安時代の海賊、藤原純友が戦の拠点にした島であり、島名の由来は島民がたいまつの火を振り、灯台の代わりをしたことにあるそう。島の北側には「沖の島」という無人島があり、宇和海屈指の海の碧さと、解放的な風景を味わうことができます。

九島 日程:2015/08/29(土)〜30(日)

宇和島市内からたった4㎞。宇和島湾のど真ん中に浮かぶ島。自転車に乗れば40分ほどでぐるっと一周できる小さなこの島には、特別な施設はありません。そこにあるのは、海と空、豊かな緑、温かい島の人たちの笑顔です。只今、九島と宇和島市を結ぶ「九島大橋」を建設中。島の良さや繋がりはそのままに、より住みやすく生まれかわる九島に期待が高まります。
今回のイベントには対岸の「石応(こくぼ)」「小池」地区も参加予定!