日振島

日振島うわうみ婚

応募要項
20歳〜35歳くらいまでの女性シングルマザーさん大歓迎!
費  用
イベント参加費は無料!
さらに…
【宇和島市外からお越しの場合】JR宇和島駅からの交通費と宿泊・食事代を全額サポート
【市内からお越しの場合】宿泊・食事代を全額サポート
日  程
2016/08/20(土)〜21(日)

hiburijima20160820-21 ※上記スケジュールは天候等の都合により変更になる場合がございます。ご了承ください。
※プログラム詳細、イベント日程以外のプログラムについてはお問い合わせください。

只今、募集を行っておりません。
ご来島(婚活)希望の方はお問い合わせください。

日振島

日振島は、宇和島市から西方約28km、愛媛県と大分県との間の宇和海にある細長く伸びた島。かつて平安時代の海賊、藤原純友が戦の拠点にした島であり、島名の由来は島民がたいまつの火を振り、灯台の代わりをしたことにあるそう。島の北側には「沖の島」という無人島があり、宇和海屈指の海の碧さと、解放的な風景を味わうことができます。

海の幸

主にハマチ・真珠養殖が盛ん。他にもブリ・ハマチ・タイ・サザエ・アワビetc・・海の幸が盛りだくさん。 宇和島の郷土料理、鯛めし・さつまはもちろんのこと、天然のサザエをふんだんに使った『サザエご飯』は天下一品。昔々、日振島を根拠地として宇和海を暴れまわった藤原純友も食べたであろう、島で愛される海賊めしです。

大自然

屈曲の多い入江の美しさが絶妙で、磯釣り・一本釣りのメッカとしても知られています。海蝕洞や岩礁群など、変化に富んだ景観が楽しめます。 日崎海水浴場は自然を最大限に活かしたビーチで、夏のリゾート地としても大注目。島の北側にある「沖の島」には県指定天然記念物ハマユウが多く咲き誇り、風景をより美しく演出してくれています。

島の人

男はシャイだけど、男らしく温かい。女性は元気で朗らかだけど、日振島まで嫁に来た強者たちばかり。とてもしっかりしています。 島全体がひとつの家族のように温かく、お祭りやイベントでは素晴らしい団結力が発揮されます。